ROTARY INTERNATIONAL Service Above Self・He Profits Most Who Serves Best 鴨島ロータリークラブ
0883-24-8989
0883-24-9008
info@kamojima-rc.jp
クラブ運営方針 クラブ概況と沿革 本年度クラブ理事役員 委員会運営方針 年間行事予定 アニメーション「おしえて!ロータリー」
018-2019年度イメージ
委員会運営方針
会計
委 員 長 野田真一郎
 本年度もロータリークラブ規則に則り、資金管理を厳正に行います。
 また、迅速かつ正確な会計処理を行い、理事会および会長・幹事がクラブ財政を的確に把握するための資料をタイムリーに提出いたします。
 会員皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
SAA
委 員 長 正木 美帆
副委員長 鈴木 率雄
委  員 木村 秀樹、大内  勉
 鴨島ロータリークラブ創立60周年の記念すべき年度に会場監督の任を仰せつかり少々緊張しております。
 池北会長、白山幹事と連携し相談しながら、楽しくスムーズな例会運営となりますよう、任にあたりたいと思いますので、会員の皆様のご協力を賜りたくお願い申し上げます。
 尚、例年同様、委員会報告、ニコニコ等がございましたら、例会前に前もってお申し出いただけると助かります。
クラブ奉仕委員会
委 員 長 阿部須美子
副委員長 美馬 紀章
委  員 木村 長年
 クラブ奉仕委員会はクラブの機能を充実させる為にクラブ内で会員がとるべき行動に関わるものである。と記述されておりますように、各委員会との連携を図りクラブ運営が円滑に進むよう努めてまいります。
 ご協力よろしくお願いいたします。
職業奉仕委員会
委 員 長 千葉 俊治
副委員長 横田 賢二
委  員 大椋 誠治
 職業奉仕は「ロータリーの目的」の第2項を土台としており、この項で、ロータリアンは次のことを奨励し、育むことが求められています。
・職業上の高い倫理基準
・役立つ仕事はすべて価値あるものという認識
・社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものとすること
 この上にたって、どのように実践できるでしょうか。原点に返って考えてみようと思っています。
 職業奉仕月間には、クラブフォーラムを開き、創立記念例会には優良従業員表彰、その他会員事業所への職場訪問、地域のニーズに沿った奉仕活動を推進したいと考えています。会員の皆様の御協力をお願い致します。
社会奉仕委員会
委 員 長 木村 慎佑
副委員長 長野宏一郎
委  員 森本 孝裕、三倉 啓子
 鴨島ロータリークラブでは、地域社会への奉仕活動(徳島つぼみの会への協力・吉野川高校が実施している花壇整備・植樹事業への協力・阿波和紙伝統会館への協力)を継続事業で行っております。今年度も地域社会をより良くするための活動を通じて会員一人一人の成長に繋がるように取り組んでいきます。よろしくお願いします。
国際奉仕委員会
委 員 長 麻植 康夫
副委員長 工藤 弘幸
委  員 原井  敬、木村 慎佑
▪おもな国際奉仕委員会の役割
   ①長期交換委員会(約1年間の交換留学)
   ②短期交換委員会(約20日間の交換留学 高校生対象、受入/送出、ホームステイ)
   ③国際奉仕ファンド委員会/海外のマッチドクラブと共同の奉仕活動
◦国際奉仕は
   ①クラブ ②地区 ③国際レベル に大きく分けることができる。
 以上のような、国際奉仕の概念にそって、国際奉仕ファンド委員会とともに活動していきたい。
 当クラブは、主に、①短期交換留学生のホームステイ②フィリピンへのファンドを通じての支援をおこなっていきたい。
  2017-2018年度は、
   ①セントラルタルラックRC
    タルラック地方刑務所に農機具の寄付
   ②ビガンRC
    メディカルミッションに参加(RCの医療チームによる山岳農村地帯への医療支援)
   ③タルラックRC 70周年パーティ参加
   ④マバラカット・クラークRCとの意見交換・親睦
 ファンドの審査概要を参考にして、今後参考にしていただきたい。
地区ファンド申請審査…随時

クラブ負担金 全額の1/3 ~ 1/4

▪今期の国際奉仕委員会の予定
 2018.10-11月にフィリピン訪問予定
   ①マバラカット・クラークRCの地域支援活動への後方支援として
    緊急救命でのAEDのバッテリー購入の支援活動
    寝たきりの終末医療の衛生、および子供たちへの衛生消毒剤の付与
   ②ビガン、オルモックRCへの寝たきりの終末医療の衛生および子供たちへの衛生消毒剤の付与

 上記を予定しています。
 皆様の温かいご協力をおねがいいたします。
青少年奉仕委員会
委 員 長 十川  敬
副委員長 尾崎 拓一
委  員 土橋 孝之、筒井 大樹
 青少年奉仕委員会は時代を担う若い世代を支援し、ロータリアンと共に活動することが目標です。当クラブは中学生俳句表彰、ライフ(RYLAセミナー)など、それぞれの活動を通じ青少年の成長を支援していきたいと思います。
 また、各委員会と連絡を取り合い、連携を図りたいと思います。
 私は青少年委員会は初めて担当しますので会員の皆様の協力をお願い申し上げます。
ロータリー財団委員会
委 員 長 大木 栄二
副委員長 三倉 孝文
委  員 河野 利英、三木  亨
 ロータリー財団は、「ロータリアンが健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすること」を、使命として掲げ、世界各地で実施されるプロジェクトに補助金を提供しています。
 補助金には、地元や海外の地域社会のニーズに取り組む活動を支援する地区補助金と、大規模な影響をもたらす国際活動を支援するグローバル補助金がありますが、今年度は補助金活用の活動の予定はありません。
 また、年次基金には、昨年度と同額程度の寄付ができればと思いますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
米山記念奨学委員会
委 員 長 糸田川誠也
副委員長 松家健二郎
委  員 筒井 祥泰、青柳 鋭一
 米山記念奨学会は1952年米山梅吉翁の遺徳を忍んで、東京クラブに東南アジア地域を対象として、米山基金が創立されたのが始まりで、勉学、研究を志して日本に在留している外国人留学生に対し、日本全国のロータリアンの寄付金を財源として、奨学金を支給し支援する民間では国内最大の奨学団体です。現在では、将来母国と日本との懸け橋となり、ロータリーのファンとなって活躍していただける奨学生数は、年間約800人、累計では約2万人になっています。
 寄付金にはクラブから定期的に送金していただく普通寄付金と、個人、法人、クラブからいただく特別寄付金があります。普通寄付は奨学金の安定財源になっており奨学会奨学金の安定財源になっている運営に欠かせないものです。また特別寄付金には税制上の優遇措置が受けられますのでどうぞよろしくお願いいたします。
出席委員会
委 員 長 山内 正晴
副委員長 河野 利英
委  員 岡田 和廣、福永 隆子
 例会に出席することは、ロータリアンの義務の1つです。
 毎週の例会に出席を通じて、親睦を深め、活発な活動することにより、地域社会の奉仕活動を続ける事が出来ます。
 そのためにも、出席率を高めることに、ご協力をよろしくお願いいたします。
 尚、歴代の委員長もお願いしておりました、欠席の場合は、無駄な食事を無くすため、必ず、前日までには、セントラルホテルに連絡してください。
親睦委員会
委 員 長 三倉 啓子
副委員長 伊勢 英利
委  員 木村 慎佑
 ロータリークラブを支える「奉仕」と「親睦」の二本柱を具現化すべく、会員相互の親睦と友情を深めながら、会員家族の交流融和を図り、全ての会員が楽しく充実した会にしていきたいと思っておりますのでご協力をお願いするとともに、1年間どうぞ宜しくお願い致します。
職業分類委員会
委 員 長 山根 正伍
副委員長 有持  護
委  員 佐々木 久、千葉 俊治
 職業分類の考えはロータリークラブ創設の初期からあり、このようなクラブとしてはかなり特徴的なものです。
 同業種を避けるというのは、まずはクラブ内の利害のない親睦のために必要なこととされていたようです。以前とは違い、現在では幾分緩和された規則ではありますが職業分類は職業奉仕との関連も含めて、いまだに重要な観念であると思います。同時に会員増強委員会・会員選考委員会等と特に綿密な連帯のもとで考えあわせて運営していきたいと思います。
会員増強・維持・退会防止委員会
委 員 長 矢田 健二
副委員長 美馬 精一
委  員 工藤 弘幸、木村 精伯
 ロータリー活動を活性化する為には、新しい若い会員の増強が必要になります。
 会員増強の活動は会長や幹事、委員長だけが行うのでなく、会員皆さんの理解を深めなくてはなりません。
 地域でご活躍の方、仕事を通じて関係する人々、趣味を通じての仲間、などの多方面に渡りロータリアンに相応しい、奉仕活動に理解のある方を求めていきたいと思います。
 皆様のご協力を御願いします。
会員選考委員会
委 員 長 尾崎 拓一
副委員長 埜口  稔
委  員 松家健二郎、馬淵 厚至
 当委員会の役割は、会員増強退会防止委員会より推薦され理事会より付託された、入会を希望する被推薦者が、当クラブ会員として迎え入れるにふさわしい人格の持ち主であるかどうかを審査し、理事会に報告することであります。入会を決定するのは理事会でありますが、入会希望者があれば例会で会員の皆様に十分に周知することを心がけたいと思います。単独で活動する委員会ではありませんが会員の皆様のご協力を宜しくお願いいたします。
ロータリー情報委員会
委 員 長 福永 隆子
副委員長 阿部 光仁
委  員 稲井 隆生
 委員会としては活動規模その歴史又国際ロータリーの動向等についての情報を提供し共有する機会を作って定款や細則の再認識をしたいと思います。
 特に新会員には特典と責務を十分理解してもらう。又ガバナー月信、ロータリーの友の中から興味のある情報を報告します。
プログラム委員会
委 員 長 大平 正大
副委員長 木村 精伯
委  員 阿部 光仁
 池北会長年度はクラブフォーラムなどを除いて27名の会員の方々に卓話をお願いする事になりました。どのような卓話かなぁ…???と胸躍る楽しみのあるプログラムの進行にご協力をお願い致します。
クラブ会報委員会
委 員 長 高橋  収
副委員長 近藤 良樹
委  員 筒井 祥泰、一宮 良光
 鴨島ロータリークラブのクラブ会報は例会の週報として発行し、会員全員、近隣クラブに送られています。会長幹事委員会報告、種々連絡事項、ニコニコボックス入金情報、「本日の卓話」の内容、そして次週卓話の案内まで、例会の楽しい様子が十分伝わる会報を目指したいと思います。会員は次回も必ず、次回は必ず出席しよう。また近隣クラブの会員がメイキャップしたくなるような充実した会報にしたいと思っています。まずは食事メニュー、できれば次週のメニューも掲載したいと思います。
雑誌委員会
委 員 長 筒井 大樹
副委員長 河野 佳代
委  員 青柳 鋭一
 昭和28年1月に創刊された「ロータリーの友」。今まで以上に親しまれ、多くの方に愛読していただけるように雑誌委員会として取り組んでまいります。今や、機関誌・情報誌としての「ロータリーの友」の価値を会員に再確認して貰う様、有用な情報等を例会において紹介したいと思います。
環境保全委員会
委 員 長 横田 賢二
副委員長 稲井 隆生
委  員 原井  敬
 『環境保全』とは、「自然保護」が人間の住環境を保全することになるという見地から、「環境破壊」を防止し、「自然保護」を図ることです。
 「環境保全委員会」の果たすべき役割は何であるかを考えてみますと、行き着くところはロータリアンとして、各メンバーが『自分ごと』として、捉えて頂くことに尽きると思います。
 日々、各事業を経営、推進しているなかで、(誰かがやってくれる…)(大切なことだが私には…)との、『他人ごと』では、何の変化・進展もありません。
 「地球環境問題」「循環型社会」「廃棄物削減」等々、環境保護において、自分は何ができるかを、『自分ごと』として考え、具体化、実行していくことが、まずは大切であると思いますので、ご協力、ご理解のほど宜しくお願いいたします。
国際奉仕ファンド委員会
委 員 長 伊勢 英利
副委員長 岡田 和廣
委  員 工藤 弘幸
 世界社会奉仕委員会(WCS)として慣れ親しまれていた当委員会は、昨年度より国際奉仕ファンド委員会(ISF)となりました。過激派組織ではございません。
 現役をなるべく早期にリタイアして海外のあちらこちらで過ごそうと企んでいますが、そのための下見を兼ねた訪問などで、国や行政が社会のニーズを満たすことが出来ない現状を目の当たりにして、人道的な奉仕活動の必要性を感じています。更に物品や金品を寄付するだけではなく、継続性を重視した人間味溢れる支援でなくてはいけないと考えるようになりました。
 本年度の委員長を仰せつかりました。会員の皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。
クラブ広報委員会
委 員 長 坂東  謙
副委員長 大内  勉
委  員 筒井 大樹、大椋 誠治
 クラブ広報委員会では、私たちの活動を広く知っていただき、ロータリークラブの社会的価値を高めることが使命であると考えております。
 また、Websiteや公共媒体を使い、地元はもとより、広く全国に当クラブの情報を発信しその存在を知っていただける様に一年間活動したいと考えております。
 一年間ご協力をよろしくお願いいたします。
 

鴨島ロータリークラブ、2016-2017年度運営計画書(PDF)
鴨島ロータリークラブ、2015-2016年度運営計画書(PDF)
鴨島ロータリークラブ、2014-2015年度運営計画書(PDF)

(個人情報保護の為、会員名簿は除いております。)

 
トップページ クラブ運営方針 クラブ概況と沿革 本年度クラブ理事役員 委員会運営方針 年間行事予定 アニメーション「おしえて!ロータリー」
〒776-0010 徳島県吉野川市鴨島町鴨島471−2 セントラルホテル鴨島内 TEL 0883-24-8989 FAX 0883-24-9008
Copyright ⓒ2018 鴨島ロータリークラブ